アンチエイジング

こんにちは 『Tirta ティルタ』岡です。

 

「アンチエイジング」というと何を思い浮かべますか?

見た目を実年齢より若く見せる。

そうイメージされる方が多いと思いますが、私は【健康】であることと考えています。

 

どの年齢で、どんな時に「あぁ〜年だなぁ…」と感じるかは個人差があります。

日常生活の中で少しでも身体に良い事をして、体調の良い日が一日でも増えるようにしたいですよね。

 

私達の身体の全ての器官をコントロールしている「自律神経」

「交感神経」と「副交感神経」のバランスを整えることが大切です。

とくに!「副交感神経」の働きを高めることが大切。

そのために何が良いか、お話ししていきます。

 

こんな中で暮らしていたら、ストレスもたまらないんですけどねぇ…

IMG_20170820_103442

 

●朝起きたら水を飲みましょう

睡眠中に失われた水分を補給するために一杯の水を飲みましょう。

胃腸が刺激されて副交感神経の働きが高まることにより便秘解消にもつながります。

むくんでいるからと飲まないのは、逆に自律神経のバランスを乱れさせます。

白湯がおすすめ。

ただし飲み過ぎると身体を冷やすことになるため、いっぺんにたくさん摂取しないようにしましょう。

 

●朝起きる時はゆっくり

朝は忙しいですから、ガバッと起きてすぐ家事や支度をしてしまいますが、目覚めは血圧が下がっているので危険です。

目が覚めたら、手首や足首をゆっくりグルグルと回したり、膝をくっつけて曲げ左右にストレッチ。内臓も動いてスイッチが入りますし、睡眠中に固まった身体をほぐすこともできます。

 

●朝食を食べましょう

朝食は一日の自律神経と腸のバランスを整えるためにとても大切です。

寝ている間に消費したエネルギーを補充し、低下した体温を上げ、身体も脳も目覚めさせます。

ゆっくりと白米を噛むのが良いのですが、時間が無い時はヨーグルトやバナナを食べましょう。

美肌のためにも、朝一生懸命スキンケアをするよりは、朝食を取った方がよっぽどお肌に良いのです。

 

●ため息をたくさんつきましょう

忙しく、ストレスだらけの毎日。

常に交感神経が優位になっています。

それに肩や背中、腰などが固まっているため、呼吸が浅く早くなっています。

これでは自律神経が乱れるばかり。

深呼吸を日常の中で取り入れるのは忘れてしまいがち。

そこで「ため息」をつきましょう。

酸素を取り込み、血液を流します。

深い呼吸をすることで、副交感神経の働きを上げ自律神経を整えます。

ただし、人の前でため息をつくと印象が悪いですからそこは気を付けないといけませんね。

 

 

このように、ちょっとしたことでも、続けることで大きな変化となります。

無理せず取り入れていきましょう。

 

次回は入浴についてお話ししますね。

 

Tirta 岡 和子

 

 

SPA Tirta
住所 〒225-0024 神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1153-4 第1カブラキビル505
電話番号 080-3579-0315(必ず折り返し致しますので、メッセージをお残しください)
営業時間 10:00~18:00

当店 Facebook ページはこちら
http://bit.ly/29jrn5y